FC2ブログ
愛娘のためなら・・・株、投資信託、FX、外貨預金etcなんでもやります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一戸建てvsマンション(13) 建売住宅購入を決定!!
2009年10月12日 (月) | 編集 |
『住宅を購買するときの特徴として、これまで住んでいた地域のそばで買う人が多いことがあげられます。今まで住んできた場所であるとか、以前に住んだことがあって非常に思い入れのある沿線を中心に買うという傾向があるのです。ところが、値上がりする住宅、あるいは値段が変わらない住宅と、値が下がる住宅には特徴があります。住宅の需給は、他人が住みたいところかどうかで決まってきます。』
(勝間和代著 「お金は銀行に預けるな」より抜粋)


前回『一戸建てvsマンション(12) 建売住宅ってどうよ』の続きです。

いよいよこのシリーズもエンディングを迎えました。

サスペンスドラマで言えば、犯人が完全におちてしまい、エンディングテーマ、テロップを背景に船越さんに連行されるところです^^

結論から先にいうと、前回ご紹介した新築建売住宅の購入を決めました。

昨日、売買契約書と重要事項説明書の案を不動産屋からもらい、

問題がなければ今週末、手付金を持って契約を締結する予定です。

そこで今回は建売住宅購入の経緯について書きます。

この2年近く中古住宅を中心に希望する条件に合う物件を探してきました。

一番初めて見た物件は、このシリーズでもご紹介した1,180万円の中古住宅でした。

それから何件も中古住宅を探しては見に行くことを繰り返し、

見る中古住宅も価格が1,480万円、1,680万円、1,980万円・・・・と徐々に上がっていき、

最終的に条件に合う満足いく物件にたどり着いた価格は、

なんと2,890万円!

しかも仲介物件なのでこの金額に仲介手数料(購入価格の3%+6万円)を合わせると、

ほぼ3,000万円です。

この物件について不動産屋に問い合わせたところ、あいにく売却済みでしたが、

不動産屋から、

「このぐらいの金額をお考えなら十分、新築一戸建てが買えますよ。」

とアドバイス?勧誘?されました。

マネパパだって既にリサーチ済みでそんなことはわかっている。

しかし、この金額で買える新築一戸建てとなると、マネパパの希望する地区から離れたいわゆる郊外型の分譲地しかない。

車がないと何もできないような場所に死ぬまで住みたくない、とその不動産屋に伝えると、

マネパパの希望する地区とは違うが、郊外型でない条件に十分合う場所に今、建売住宅を建設中だとか。

その建売住宅の予定価格も3,000万円をゆうに下回る値段。

しかも、学校もスーパーも公園も徒歩圏内。

正直、市内にこんな場所があるとは思いませんでした。

もしかすると、1つの地区にこだわり過ぎてたのかもしれない。


そして、その完成物件を何度か見に行きましたが、標準的なシンプルな作りで気に入りました。

これに決めます。

マンションから賃貸、中古住宅などいろいろ迷ってしまい、長い間、結論を引っ張ってきましたが、

新築建売住宅の購入を決定しました。

このシリーズは今回で終わりですがまだまだいろいろ書きたいことがあるので、それはまた別の機会に。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。