FC2ブログ
愛娘のためなら・・・株、投資信託、FX、外貨預金etcなんでもやります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気のハイ・イールド債権投信の販売の裏側
2009年06月26日 (金) | 編集 |
思わぬ形で、野村AM『新米国ハイ・イールド債権投信ブラジルレアルコース(毎月分配型)』を購入してしまったマネパパ家。

前々回、前回に引き続きしつこくこのハイ・イールド債権投信について書きます。

前回の『スイッチング型投信ってブームなの?』では、

「ダイヤモンド・マネー7・8月号」に掲載されていた野村新米国ハイ・イールド投信の人気の理由についてご紹介したところですが、

本当の人気の理由について書かれたサイトを相互リンクしてもらっているやぬしさんから教えて頂いたのでご紹介しようと思います。

奇しくもダイヤモンド・マネーと同じダイヤモンド社の情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の記事です。

野村のハイ・イールド債券投信 人気の裏で問われる「販売姿勢」

こういった類は信憑性に乏しい場合があるので普段はあまり鵜呑みしないのですが、

今回の場合は、妻が実際に国債からの乗り換えを勧められているので、

このサイトの内容に間違いないと断言していいと思います。

また、このわかりにくい商品を同じく相互リンクさせてもらっているMURAMASAさんが、

調べてくれたのでご紹介します。

FXと株とETFやりつつ毎日を楽しむブログ「ハイイールド債の投信」

またMURAMASAさんの記事では、米ドル建てハイイールド社債指数に連動するETFについても書かれているのでとても興味深いです。

ともあれ、お二方のお陰で、他力本願でこの人気と言われる商品の全貌がわかってきましたが、

なにより腹立たしいのは、野村のアドバイザー。

カワセのカの字もわからない妻にこの商品を勧めるとは。

この商品は通貨を途中で乗り換えられるスイッチングが1つのメリットみたいだけど、

本当は安全性重視の商品からこの商品にスイッチングさせる野村に一番メリットがあるんじゃないの!!!

と声を荒げて言いたくなります。

MURAMASAさんの記事の最後にもあるようにこれではいつまでも「株屋」イメージ払しょくできないと思いますし、

低支持率の麻生さんに「株屋」呼ばわりされても仕方ないと思います。

と文句を言っても購入したものは仕方ないので、妻には、

「投資は自己責任でよく理解した上で行うこと。」

とちょっぴり弱めに言い聞かせました^^;

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
テーマ:投資日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
拙ブログ、紹介ありがとうございます。

ほんと、国債を投信にスイッチングさせるって、野村えげつないことやりますよね。

ダイアモンドの記事の
「とくに高金利のブラジルレアルコースの人気が高く、投資対象の価格上昇プラスアルファの利益を積極的に取りに行こうとする投資家が増えていることがわかります。」
って言ってますけど、実際はブラジルの政策金利すらわかってないが大半でしょうね。

そして、投信同士のスイッチングは、目に見えない為替手数料等を考えると必要性を感じないですね。

以前、マネパパさんがおっしゃってたように、ハイイールド債のETFと、FXオンラインジャパンで取引可能なUSD/ZARの通貨ペアをショートで保有する方がコストは全然低いと思います。
2009/06/26(Fri) 07:41 | URL  | MURAMASA #-[ 編集]
すみません・・・許可なく勝手に紹介してしまってm(__)m

妻は現在保有中の投信について相談に行ったはずなのですが、その結果がこれです。

本当に野村は顧客の利益を考えているのか、自己利益ばかり考えているのではないのかと疑念を抱きます。

今回の件で確信しました。
対面販売の個人向け販売はもう必要ないと。

あまりにも歯がゆいので多少手数料がかっかてもネット証券に移管することも考えましたが、野村しか扱っていない商品なんで無理なんですね、多分。
2009/06/27(Sat) 08:28 | URL  | マネパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。