FC2ブログ
愛娘のためなら・・・株、投資信託、FX、外貨預金etcなんでもやります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイッチング型投信ってブームなの?
2009年06月24日 (水) | 編集 |
通貨投信の新兵器となるか!

前回の『ハイ・イールド債権投信ってどうよ?』で書いたとおり思わぬ形で、

野村AM『新米国ハイ・イールド債権投信ブラジルレアルコース(毎月分配型)』を購入してしまったマネパパ家。

ネットでこの商品についていろいろ調べてみましたが、未だにこの商品の仕組みや魅力がわからず、

もやもやしていたことろ、

先日購入した「ダイヤモンド・マネー7・8月号」に新タイプの投信、トレンドの1つとして、

掲載されていたので少しご紹介します。

~ブーム先駆けは、1月に設定された「野村新米国ハイ・イールド投信」。残高が4500億円規模に達し、申しこみ受付けを一旦停止したほどの人気で、第2弾が設定される予定です。

人気の理由として、「選択する通貨によって金利差と為替差益両方狙える点にある」と篠田さん。

とくに高金利のブラジルレアルコースの人気が高く、投資対象の価格上昇プラスアルファの利益を積極的に取りに行こうとする投資家が増えていることがわかります。


(以上ダイヤモンド・マネー2009年7・8月号より抜粋)

へぇー、人気があるんだ。

人気があるからいいってわけじゃないけど、少し安心。

こんなワケのわからないものに投資するのうちの妻ぐらいじゃ・・・って思っていましたから。

でも、人気の理由が「金利差と為替差益両方狙える」っていうことであれば、

FXでもいいじゃん。ってつい思ってしまったマネパパ。

ある意味、毎日分配型だし。

まあ、妻はマネパパがFXやっていること知らないし、ましたランドに突っ込んでいることも知らないし、仕方がないか。

ちなみにダイヤモンド・マネーでは、こう締めくくっています。

ただし、為替リスクを上乗せしている分、動向によってはダブルで損失を負ってしまう恐れもあります。

スイッチングのメリットを活用し、為替動向を見ながら機動的に投資を行うことが肝要です。


機動的な投資・・・面倒くさ。

恐らくスイッチングも利用しないまま、ほったらかしとなることでしょう。

(妻はスイッチング知っているのかな?いえ、おそらく知らないことでしょう。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
テーマ:投資日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。